my投資日記forセミリタイア

株で遊ぶ♪チャートを泳ぐ♪急落にダイブする?!私だけのLife styleを求めてサボりながらも更新中♪

朝寝坊しないための1番の方法は“朝アラームを使わないこと”

f:id:vmou:20181029215311j:plain

目覚ましのアラームを使う派?使わない派?

朝はアラームで起きないほうが寝坊もしない。

目覚めもよくなる。

体にも良いのです。


普段、家に男っ気がないのをいいことに、だらしない自堕落な生活を満喫している、いわゆる“干物女”(古っ)の私が、これだけは皆にオススメしてます。



私は、もう長い間、朝起きるのにアラームを使わない生活を送ってます。



私も大昔は使っていた。
いつの頃からか使わなくなった。



それで寝坊しないの?って聞かれるけど、
アラームをつけない方が寝坊しない。

別にものすごく早寝するわけではないし、夜中までネット見たりして寝不足のこともある。

朝も7時に家を出る日もあれば、8時の日も、午後出勤の日もあるし、たまに6時に家を出ないといけない日もある。
そんな早い朝もアラームはつけない。


人間の無意識って不思議なもので、本当にその時間に起きる必要があれば、時計など見なくてもピタッと目覚めて、動きだすことができるんです。


アラームをつけるとアラームに頼る。


アラームが無いと自分しか頼れないから自分を頼る。

たまに寝坊することがあるんだけど、それでも最悪出かけるはずの時間の10分前にはハッと目が覚めて、やっばーとなるんです。

(↑それダメだけど)



そういう時は改めて、やっぱり絶対に私は何もしなくても大丈夫。

仮に寝坊してもギリギリでも必要な時間に起きれるから大丈夫。

深く自分を信頼していまいます。
(↑どこまでも自己肯定的)


この朝アラームを使わない、というのは、確かに最初は不安だったり、本当に起きれるの?って思うかもしれない。

でも慣れると、自分で自分を無意識に律する、自分の感覚を信頼できる様になります。


アラームの電子音って、意外と神経にビクッとくる様な不快感を感じません?

それは突然に無理やり叩き起こされるから。

それでは体にストレスを与えてしまうことに。


アラームをつけないと、自分で自分自身の体を無意識に起きる時間に合わせて、覚醒に向けて整え
起きるように仕向けてくれます。


だから朝起きたときの体が楽になるんです。


私も今まで知らなかったのですが、ブログ書く為
に、ちょいと調べてみたら「自己覚醒能力」といって本来、人間に備わっている能力みたいです。

やっぱりね(^-^)v

ちなみに、約束の時間に必ず5分10分遅れるタイプの人っていますよね。

…私も昔はそうでした。

でもアラームを一切使わなくって、この遅刻癖はほぼ完治しました。

体内時計という、体の中の時間感覚が、自然としっかりしてくるんです。

自分で意識しなくても、無意識に到着時間を逆算して行動することができる様になり、時間に対するストレスが劇的に軽減されます。


遅刻については、体内時計と表現される、時間感覚が問題とされる場合と、


無意識に自分を罰したり、自分の成功を妨げ、失敗に導く、心理的抵抗というものがあるようで、

体内時計を整えるアプローチで改善せず、寝坊したり遅刻を繰り返すとしたら…、他のメンタル部分での問題があるのかもしれません。


ちなみにアラームを使わないだけでなく、我が家には、壁掛け時計も置き時計も…時計は置いていません。時計無し生活です。
(テレビもほとんど見ません)
変にどこからでも見える所に時計を置かないほうが良いと思います。

時間は、たまに携帯でチラ見程度で十分。


私は、この無意識に自分を整える、


無意識に自分を律する感覚って大事にしていて…


同じ理由で家計簿もつけません。


つけない方がお金が貯まるとまでは、他人様に断言できませんが、

つけなくてもお金は貯まります。

貯まらない人は、家計簿つけても貯まらない。


でも家計簿の話題は、また次の機会に。











にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村