my投資日記forセミリタイア

株で遊ぶ♪チャートを泳ぐ♪急落にダイブする?!私だけのLife styleを求めてサボりながらも更新中♪

leap of faithは私に囁く

f:id:vmou:20181119005607j:plain

昔、出会ったある人が教えてくれた言葉。

今は交流もないけど、人との出会いって全てに意味があるんだとつくづく感じる。

そして出会いの意味に気づき、生かすも殺すも自分次第…


leap of faith

私の中では、好きというか超クールな言葉。
カッコいい~ってこと。


faithは信仰を表す。
信仰による飛躍。
(信仰に基づき)結果を考えず行動する。
ここから発展して、

・理屈抜きに行動する。
・信じがたい様な思いきったことをする。

という様な意味で使われる。
日本語的には、

・一か八か
・清水の舞台から飛び降りる


というのが似たような言葉として使われるが、

leap of faithのほうがカッコ良いよね♪


そこそこ利口な人は、あらゆる事柄について、データを集め、他人の意見をよく聞き、お金の計算も抜かりなく行う。

そうして行動の結果、自分が得られるメリットがデメリットを上回るという勝算があって、初めて決断して行動するのではなかろうか。

私は、投資やセミリタイア関連のブログをメインによく読む。

が、番外編として興味深いのは、セミリタイア投資ブロガー陣がせっせと投資と同じ尺度で、結婚や子供にかかる金計算をし、リターンが低くリスクが高いと結論づけている方々が多いこと。


ある意味とても正しい。


でも、それらの尺度をぶち壊す概念がなければ、人生には躍動感がない。


それがleap of faith…だと思っている。

当たり前と思って疑わない自分の中の常識を疑ってみる。

見栄やプライドなどは、ツマラナイカラ捨てる。


私は、数年後、子供が社会人になる年をセミリタイア開始年度に設定した。


果たして、これは正解なのか。


今でも良いんじゃね?


leap of faithは私にそう囁く。


一文無しになっても、今すぐやれ。


そのほうが面白いんだってばよ。


フレームをぶち壊せ。


バカになれ。


時々、私の頭に現れる挑発的で破壊神のような言葉。


leap of faith、ってロックだわ。
f:id:vmou:20181122235628j:plain


でも、この言葉が浮かんで、わざわざ言葉に説得され行動するようでは、それは本当のleap of faithとは言えないのか?



理屈抜きに、自分でも自分に対して

「え?えぇー?!」

と驚くことをやらかしてしまった時にこそ、leap of faithなのか?



どうせアホならアホらしく生きれたら良いのに(笑)


いやいや、ちょっと待って。

例えば、結婚。

相手の家のことも資産も給料が幾らかも、私は聞いたことないし関心も薄い。
私は、何も考えず、プロポーズにyesと答えただけだった。
→玉の輿だった。

例えば、離婚。

監禁生活に疲れて逃げた。

→玉の輿、無償放棄。

う~ん…十分やらかした。

やっぱりアホかもしれない(^^;

アホってことは…leap of faithな感じ?


人生の重大事ほど、あれこれ難しく考えないほうが
よいんじゃない?って、思うのは私だけ?


セミリタイアも3000万目標とか言ってるけど、いきなり明日やるかもしれない(^^;




※余談になるかもしれないけど…


ここでいう尺度というものは、自分の経験に基づいて設定するものだけど、無意識に環境や親の影響もとても大きいということにも気をつけなければいけない。

私は自分自身だけでなく、自分が自分の子供に代々与えてしまう、本来なら与えてしまいたくない尺度を一体、どうやって引っ剥がせがよいのかと頭を悩ませることがある。

子供にはなるべく自由な発想で、自分の生き方を選択出来るような育て方をしてあげたいと思っている。












にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村