my投資日記forセミリタイア

株で遊ぶ♪チャートを泳ぐ♪急落にダイブする?!私だけのLife styleを求めてサボりながらも更新中♪

友人が過労で倒れた

f:id:vmou:20181126235812j:plain昨日、せっかく私のズボラ家事についての記事を書いたのに…

今日、友人が過労で倒れてしまった。

彼女こそ、私のズボラ家事を実践してほしい人だったのに。

彼女は毎日、仕事が終わるとスーパーに駆け込む。

だいたい19時。

それから慌てて家に帰り、夕食を作る。

しかも衣から付ける手作りの豚カツだったり、平気で20時から、お好み焼きを作ったりする。

(私だとあり得ない!)

夕食は21時。

それから、後片付けをして、洗濯物を片付け、彼女が入浴するのは、いつも0時を過ぎている。

その翌朝は、お弁当を作るために6時には起きる。

私は、彼女にいつも、
洗濯機はドラム式じゃないとダメ、
買い物に毎日行ってはダメ、
夕食を毎日作ってたりしちゃあ体がもたないよ、
って言い続けてきた。

彼女の答えは、

「家のことを完璧にこなさないと働かせてもらえないから。でも子供のためにお金がほしいの」

「mouはいいよ、1人だから、そんな事できるの。うちは旦那がいるから無理だよ。俺の飯はどうでもいいのかよ💢って怒るもん」

「本当はmouみたいに離婚したい。ずっと何度も思ってた。けどできなかった。親にも子供に迷惑かけるもん。もう今さら無理だよ」

彼女のことを可哀想と思う反面、

我慢ができない自分、

仕事が終わって家でゴロゴロしてるだけの自分、

自分より、はるかに努力家で我慢強い彼女を内心、尊敬していた。

私には、とうてい彼女の真似はできない。

私はダメダメだと思ってきた。

私には結婚生活を送るだけの忍耐力がないんだと。

だから毎度、私の顔を見るたび愚痴る彼女に、離婚して1人で生きていくのも大変、結婚生活がんばるのも大変、どっちも同じだよ、って言ってきた。

でも倒れちゃダメだ。

倒れるまで頑張らなくてよかったのに。

女性が社会で働くのが当たり前になっている今でも、育児も家事も親の世話も、ほとんど女性が担っていることが多い。

フルタイム労働とこれらを全てをこなす事ができないと、パートタイムに甘んじなければならない。

でもパートタイムの安い賃金では、経済的自立には遥か程遠い。

経済的に自立していなければ、離婚もままならない。

結局、離婚したくても離婚できない。


そんな夫婦の、なんと多いことか!


男女のカタチは変わらないといけない。


それは女性だけでなく男性も、両方を生きにくくしているんじゃないかなって思う。