my投資日記forセミリタイア

株で遊ぶ♪チャートを泳ぐ♪急落にダイブする?!私だけのLife styleを求めてサボりながらも更新中♪

社用携帯のお陰でデートで泣きだした日~10月第1週目その3~

f:id:vmou:20191003215756j:plain




最近、泣いたことってあったっけ?




職場で1人泣き虫の同僚がいまして。

mouより年上の女性です。

そんなに泣くことなんてあるかなぁ?

という話題になりました。



ないないないない…


泣くことなんて滅多とないわ(笑)




でもそう言ったものの後で1人になった時に、ゆっくり最近いつ泣いたのかについて考えてみましたら…


いやはや


泣いてます。


この2、3年間に4、5回は泣いています。

意外と泣いています(・・;)


んー


ちょっと情けない話を1つだけ書こうと思う。





◯デート中に泣き出した理由




たぶん3回目か4回目のデートで泣いてしまったと思う。



mouのストレスの源。


肌身離さず持っているもの。


休日もリンリン鳴るもの。


それは社用携帯。







まだ彼と付き合い始めたか始めないかのデートの時。


ドライブして


ご飯食べて


今も昔も定番のコンビニでコーヒー買って


車で2人で飲みながらお喋りして


とってもイイ感じの雰囲気に。



社用携帯がポンポロリン。

メールだね。

ムッとしたけどスルー。

数秒後に電話がピピピピピピピピピピー



オフのデートモードの楽しい気持ちから、あっという間に冷めきった完全仕事モードに心のスイッチが切り替わってしまう。





最近、忙しくて会えてなくて、やっと会えたのに…




最低、最悪。

社用携帯、壊したい。



もう悲しい気持ちで胸がいっぱいになって、泣き出してしまった。


彼がアタフタと泣かないで泣かないで、とmouの涙を拭けば拭くほど、しくしくと泣けてくる。



今もデート中に頻繁に電話やメールが鳴るけど、平然と冷静に対応している。


でも何故かその時は、楽しい気持ちを一瞬にして壊され、まるでハワイから南極に飛ばされたみたいに心は急速冷凍、せっかくのオフなのに一体何なんだ。


凄く悲しくて、もうこんな生活耐えられない、そんな切羽詰まった気持ちになってしまったのを覚えている。





◯久しぶりの残業




久しぶりに1人で事務所に残っていた。


給料確定の作業をしていた。

パートさんのを一通りチェックして、社員のにも目を通して、ちょこちょこと修正して。

後任が来たら、少しの間は人手に余裕ができる。

mouが有給消化に入る前に、皆に順番コで1週間位の休暇をとってもらおうと計画している。

ありがとうを形にしなくては。

なかなか有給消化できないから、みんな喜んでくれるだろう。


罪を憎んで人を憎まず。


社用携帯は悪だが、同僚には助けられてきたんだから。


そんな事を考えながら、みんなの有給残日数を数えていた。






あと少し頑張ればmouは、この社用携帯を持たなくてもいいんだ。



そう思うと本当に嬉しい。


それだから、こんな
ツマラナイ話を思い出してしまったのかもしれない。




やっぱり、もう2度と戻りたくたいわ。。。


贅沢なんて要らないし、のんびり働こう。






◯さて今日の売買



日経ダブルインバース売却 +5,349円

はあ

5,000円ってふざけんな( ̄^ ̄)


まだ下がりそうなのに、どうもインバースを持っているが嫌で仕方ないんです。



買いはイオンモール 100株






☆10月の売買益 +5,349円

配当金はまだゼロ。



10月2日(水)の投資評価額11,579,348円



10月3日(木)の評価損益-661,568円

10月2日(水)の評価損益 -470,988円


一気に含み損も増えました。

今月は、先月みたいにはいかないかもしれません。

なるべく細かく売買したいけど、今はできないんです。




ほんと社用携帯ってダメよな。




今の仕事って家にいる時も、オフの時でも、何となく頭の片隅の何処かで仕事脳が働いていて、オフになりきれない。

それが家事だったり、趣味だったり、恋愛だったり、色んな自分の大切なモノを侵食していて、自分を凄く疲弊させていると思う。


というか、好きだった花も野菜も育てる気持ちにもなれない。

音楽も聴きたくない。

映画も観れない。

本も読みたいと思えない。

食べ物も美味しいと思えない。

感性が麻痺してしまっているみたい。



そんなのが嫌で堪らない。












にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村