my投資日記forセミリタイア

株で遊ぶ♪チャートを泳ぐ♪急落にダイブする?!私だけのLife styleを求めてサボりながらも更新中♪

我が子が子供部屋おじさんになったらどーすんの?子育ての終わりはいつくるのか?を考えてしまう

f:id:vmou:20191007221705j:plain


◯子供との同居のメリット、デメリット


社会人が近づいてきた子供がいると、これから先も大人になった子供と一緒に同居する善し悪しには悩んでしまいます。

ニート、引きこもり、子供部屋おじさん、そんな言葉が行き交う昨今ですもの、一生子供の世話をするのかと想像すると、何となく恐怖すら感じます。




1人親側からすると…


やはり家に子供たちが居てくれることで、女お一人様よりは防犯の用心では安心感はあります。


働き出すと家計を助けてくれるのも有難い。

もしもの病気や怪我の時も、お互いに助け合える家族がいると安心。


子供側からすると…


家計に3~5万円入れたとしても、独り暮らしをするより経済的に楽です。

お金も貯まりやすい。

それに掃除や料理も親が代わりにしてくれる…

一見WinWinの関係?


ん?


代わりに?


ちょっと待って。


それ一生続くの?


多少は居心地の悪さも味わってもらわねば自立できないのでは?

一緒に暮らすのはいいけど、大人になっても何もできないままでは困るのでは?




◯母親業はいつ終わる?!




想像してみる。


髭ボーボーの大きな図体のオッサンが、年老いた母に…


「おかん、飯まだ?」

「パンツどこ?」



イーーヤーー(/´△`\)






というわけで、先日たまたま家族全員揃って外食に行く機会があり、その時にグチグチ子供達にぼやいてしまったわけなんです。


・自分の洗濯物は自分で洗濯機を回す。


だって我が家には、乾燥までスイッチ1つのドラム式全自動が完備されています。

気がついたら、やろうよ。


・お弁当や食事を自分で準備する。


もちろん一緒に手伝える時は手伝います。

でもジーと口を開けて待っているのは違うかな?と思います。


・自分の物を片付ける。


教科書、上着、脱いだ靴下、あちこちポイポイと置きっぱなしにしない。


散らかしたいなら、自分の占有スペースを散らかして下さい。

リビング等の共有スペースを、自分の物で占拠するのはやめましょう。



オッサンオバハンになっても、お母さんお母さんじゃ困る(・・;)





でも、ちょっと待って。

自分は、どんな風に育ててもらったのだろうか?




◯子供の時に手をかけてあげないと、大人になって手がかかる。



祖母に言われた言葉です。


「愛情や手間をかけるべき時期に、ちゃんと手をかけておかないと、年をとった後になってから手がかかるよ」


なるほど、です。


私としては、仕事で稼ぐことに必死過ぎて、少し手を抜きすぎた気がしています。



手をかけるところ。

自立を促すところ。


んー


子育てって難しい。



◯教えることには手間と時間と根気がいる。


私は子供の頃、よく祖母の料理や家事を手伝っていました。

私は年老いた祖父母が難儀して私を育ててくれているのが申し訳なく、助けねばと思っていました。


野菜の下処理の仕方。

魚のさばき方。

米のとぎ方。

味噌汁のダシの取り方。

畳の目に沿って、キチンと掃除機をかける事。

シミの種類に応じた汚れの落とし方。

雑巾の絞り方。



そう。


自分は祖母を手伝って偉いんだわよっ!と思っていましたが、実は違うのです。


一緒に家事をすることで、知らず知らず全てキチンと教わっていたのです。


だから、いざ自立してから料理や家事に難儀したことがない。




◯子育ては、気づいた時に何歳からでもやり直しがきくよ。


これは、あるカウンセラーに言われた言葉。

離婚する時に凄く悩んで、1年位の間、自分の気持ちを整理するためにカウンセリングを受けていた時期があります。


まあ、その事は別によいとして。




教えるという事は手間がかかることなのです。



忙しいとモタモタする子供と一緒に作業するより、自分でパパっと片付けたほうが早く済む。


子供をおだてて自信を持たせて、子供の下手クソな仕事にわざわざ「ありがとう」とお礼を言ってまで、やってもらうのは面倒臭いのです。


今思えば、祖母は一つ一つ丁寧に噛み砕いて教えてくれていました。



仕事仕事とお金を稼ぐことに必死になり、母親として欠けていた部分を今、祖母の思い出と共に痛感し反省してしまいました。



子供に手間と時間をかけるというのは、甘やかして何でもしてあげる事とは少し違うんなぁと。



母親業は終わりがなく永遠と続くかの様に思え、時には凹むしウンザリもしてしまう。



ぼやくだけぼやいて今更ですが、もう少し焦らず、ゆったりした気持ちで見なくては、と思ってしまいました(・・;)









◯株さんはお休みですm(__)m






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村