my投資日記forセミリタイア

株で遊ぶ♪チャートを泳ぐ♪急落にダイブする?!私だけのLife styleを求めてサボりながらも更新中♪

欲しいのは“今を生きる力”貧乏性を克服するためにはどうすればいいのか?

f:id:vmou:20191206084317j:plain


◯相変わらず貧乏性と戦っている。




旅行に行きたいmou。


でも、お金を使いたくないmou。


貯金が減るのが嫌なmou。


葛藤が続いています。



愛読しているブロガーさん達が旅行の記事をエントリーする度に、羨ましいなぁ、素敵だなぁ、自分も行きたいなぁ、とため息が漏れます。


mouも旅行に行きたーい!!!


しかし、です。

問題は、この方々は、一体幾ら貯金があるのでしょうか。。。


mouより何倍も持っていそうな方もいたり、どう拝見しても、mouより少なそうな方もいらっしゃいます。


貯金がゼロでも、旅行に行ける、そして旅を楽しめる心意気が素晴らしく羨ましい。


mouは、今の自分の収入(月収35万円程度)や貯金額(総額は内緒・投資資産1500万円)だと、車中泊の貧乏旅が出費できるキャパの限界なんです。

この10年、そんな感じです。

旅館に泊まったのは、10年前が最後です。

シンママだから頼る人もいないから、現金を持っていなくては不安というのもあるかもしれません。


しかし、そんな風に貯め込むだけで、60才を迎えて一体何になるのでしょうか?



◯加齢と共に、食べられなくなる可能性



祖父も祖母も亡くなりましたが、90才まで健常でした。しかし80才も後半になると健常でも寝てばかりです。

元気に畑仕事ができていたのは、80才過ぎるまででした。

食べ物も年齢と共に変わってきます。

まず食事量がグンッと減ります。

油っこい物や消化の悪い物を自然と避ける様になります。

お粥や、魚、芋やカボチャ類を好んで食べていました。

元々、自分を含めて祖父母も田舎者ですから、お粥や芋の煮っころがしなんかが、むしろ美味しいわけです。

幼い頃から食べて育った食事、最後に辿り着く食事って、やはりココだと思います。

どう考えても安価です。


天ぷらやカツなんて、今じゃないと食べれない。

というか、今もうすでに揚げ物がキツい(・・;)





◯年齢と共に、動けなくなる可能性




自分の母を例にあげると、60才を過ぎても頑張って働くぞ!と言っていたのに、股関節と膝を悪くし、人工関節置換手術を受けなければならなくなり…

60才過ぎにして、杖がなければ歩けなくなってしまいました。

長時間の歩行が困難で、大好きだったデパート巡りも出来なくなりました。


外出できなくなり、自然とお金を使わなくなっていきました。



◯恐ろしい母の金遣い



親子でデパートの積み立てをしていた時期が数年間ありました。

母は月1万円、mouは月5千円。

12ヶ月積み立てると1ヶ月分がボーナスとしてプラスされお得です。

そうして年に1度だけ親子でデパートを買い物をするのが、習慣でした。

諸事情から年に1度しか会えない七夕親子でした。

恐ろしいのは、母の金遣いです。

母は13万円の商品券を、たった1日で使い果たします。

対するmouは、6万5千円を使うのに2、3年かかります。

母はmouをドケチと言います。

一方mouからすると、コイツ恐ろしい奴だわ、ってなもんです。

もちろん母は今も昔も貯金ゼロです。

しかし問題は、どちらが正しいか?ではないのです。


貯金ゼロでも母は、子に頼る事もなく、今も普通に生きているという事実です。

数年前50万円だけ貸した事はありますが、返済を求めるつもりはありません。


まあ散財の元凶だった、ショッピングに行けない体になってしまったのだから、これ以上の浪費はしなくなるでしょう。

と、なるとです。


自分を振り返ってみます。

60才になったらなんて、仮にこのまま働き続けて貯金して、その時一体どうなっているのか?

60才になったら、やりたいと思いながら、やれなかった事が急に出来るようになるのでしょうか?




小銭を貯め込む事に夢中で、いざお金を使おうと思う時に使えない、みみっちい自分。


伸び伸びグングンとお金を使い果たした、母。



因みに、mouと母の年収も子供の数も同じです。
二人共に年収400~500万です。


若かりし頃は、貯金がない母を少しバカにしていました。

しかし、この年齢になり、何の躊躇いもなくお金を使ってこれた母に、自分にはない「今を生きる力」を感じるのです。



真似したくないポイントも多々あります。

いかんせん母は物が多過ぎる。

もっと物を減らしてスッキリしないと、頭の中までゴチャゴチャになりそうです。



まあそれを差し引いても、mouは、もう少し伸び伸びと今を生きる力を身に付けたい気がしています。


その思いがmouを正社員を辞し、副業×投資で生きるダウンシフトライフへと向かわせています。


せっかく退職して正社員を辞めたのに、また副業でアホみたいにガンガン働いてしまうという失態をおかさない様にしなければと。

或いは、空き時間は相場に張り付いてトレードに夢中になっている…そんな自分を想像してしまう…。


ノーン。・゜゜(ノД`)



そんなに心配しても仕方ない。

とにかく一歩前に進んでから、また考えていこう。


千里のみちも一歩から。


せっかく生まれてこれたのだから、自分が納得できる人生を歩まねばなりませぬ。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村