my投資日記forセミリタイア

株で遊ぶ♪チャートを泳ぐ♪急落にダイブする?!私だけのLife styleを求めてサボりながらも更新中♪

7月前半戦の感想と後半の作戦~2020年7月第4週目~

f:id:vmou:20200718215546j:plain



「7月前半を終えてのトレードの感想」


5月の勝ちはビキナーズラックだったとしか言えない。地合いが良くてアゲアゲだったから何を買っても、持ち越しても上がった。

6月、7月はそうはいかない。

5月と一緒の事してたんじゃ、まるで勝てん。

それで6月は悩んでしまい、収支をクローズにして試行錯誤していた。

6月では損切りまみれで苦しんだ。

結局、プラスで終えられたのはクラウドワークスの利益が10万円位やイムラ封筒の利益が5万近くがあったから。

7月は公開に踏み切ったのは、苦しんでる所も見てもらおうと開き直ったから。

ブログも2年目になり習慣化し、書いてないと落ち着かないのもある。

案の定、黒星つける日が増えている。

昨日7/17(金)のトレードなんか典型的。

あれだけの回数トレードしてマイナス4,000円弱(笑)

何やってんだ、お前(笑)

もう笑うしかない。


「揉み合い相場で、どう戦うか」


全体的な相場の流れが、全く分からん。

揉み合い、上に抜ける、はたまた2番底にむかう?

分からん。

揉み合いっぼいなら…大きめの下げでは短期スイングの買いを入れる。上がったらアッサリ翌日に逃げる程度。

上げてからの反落の日は、ゆるスキャじゃないけど細かい利鞘を取るデイトレに徹する。

こりゃ2番底に向かいそうな雰囲気の暴落来るぜ、となったら、大方損切りしてでも逃げる。

そしてノートレか、やっぱり細かいデイトレをコツコツやる。

結局、こんな感じで動くのが良さげかなと思い、そういう動きでやっているつもり。

急にスキャルピングとか言い出したのも、そういうことで。

なるべく利幅より、勝率の高いトレード手法でやらなきゃと思っている。

後半戦も、その通りでいく予定。


「負けた日の方が重要」


コツコツドカンからは逃げられない。

ドカン1発なら、まだプラスに持っていける。

ドカンを2、3発食らうとマイナスにならざるを得ない。

初心者だし、イライラするほど下手くそ。

損切りの遅さ、注意力の散漫さ、銘柄選びのセンスの無さ、エントリーのタイミングの悪さ、自分自身に文句を言い出すとキリがない。

だから普通に大損を食らう。

その時に、どれだけ落ち着いて普段通りのトレードが出来るかに掛かってると思う。

そういう意味では、全然勝ててないけど、7月は自分の中では悪くないと思っている。

1万円とかのドカンを食らっても、500円とか1,000円とかの利鞘稼ぐトレードを、いつも通り淡々とやれてる。

それでいい。

とにかく1日での負けを小さくするだけでいい。

そうすりゃチャンスの日が来れば、また勝てる。

いっそノートレでもいいのだろうけど、場数を踏み経験値を身につけないとダメだと思うし、どの日がチャンスかチャンスじゃないかなんて分からん。

毎日、少しでもトレードは続けなきゃいけない。



「初心者にデイトレは悪くない」


しっかりした資金コントロールができるという条件付きなら…

初心者にとってデイトレは、そんなに悪くないと思っている。

中長期をやっていたら、普通は数ヶ月かかりそうな数の売買を1日とかで、こなしているかも?なんて思う。

それだけ短い期間で、より多くの売買経験がつめる。


あれだけ苦手だった損切りが、下手くそなりに出来るようになってきた。それだけでも成長。

ずっと中長期やってたら一生できないかもしれない。


月足、週足、日足、5分足。


それぞれ見比べていると不思議な気持ちになる。
トレンドの中にレンジがあり、レンジの中にトレンドがある。

5分足でも月足と同じドラマを1日の中で経験できるということ。

以上。

7月後半も頑張る。