my投資日記forセミリタイア

株で遊ぶ♪チャートを泳ぐ♪急落にダイブする?!私だけのLife styleを求めてサボりながらも更新中♪

ダウンシフトライフ半年目~結局トレードと仕事が入れ替わっただけ?でも綺麗ごとはいらん~

f:id:vmou:20201122190301p:plain

連休で暇過ぎて、色々、日記代わりに書き出しています。


役職を捨て、有給100%以上消化のピラピラの平社員となり、給料30%以上ダウンのダウンシフトライフに突入して半年を迎えようとしています。

幾ら貰っとるねん?は割愛しますが、やはり当初は給料明細を見てショックで複雑な気持ちでした。


でも何とか生活は給料の範囲で暮らせています。

余分な交際費や交通費等の経費も減り、自炊が増えた分、外食や出来合いの惣菜や弁当の購入もなくなりました。
それに加えて給料減の分、貯蓄が出来なくなっただけです。


いやいやいや

あなたダウンシフトしたとか言って、結局、その分、余った時間で、せこせこトレードしてるやん。

ダウンシフトしたんじゃなくて、半分転職みたいなもんやん?

というのも、勿論ありますが…


1番大きい事業所の管理者をしていた時で、社員7人パート50人抱えておりました。

休日も鳴り続ける携帯。

深夜にはパート女性の悩み相談…


酒飲んどるんかい(´д`|||)


ハイシーズンは夜~翌早朝7時頃から子供が熱出したと電話がなる。1度に2、3人パートさんが、ぶっ飛ぶ。仕事ドタキャンの嵐。

マジかー(;>_<;)

私は子供が熱出しても留守番させて働いとるねん。

パジャマ姿のまま、四方八方、代わりの人に出勤してくれる人に電話して、自分は朝食を食べる暇も、ゴミを出す暇もない。

日中には電話のコールコールコール。

業務が一向に進まない。やっとホッとしてパソコンに向かえるのが午後6時。

って帰る時間やーん。

でも帰れない。

いつも早くて午後8時、遅いと終電。

日々の家事もままならず、休日は疲れはてて眠るだけ。
いつも頭の中にお星様がティンクルティンクル回っている様な毎日でした。


ぶっちゃけトレードのほうが楽です。


デイトレや短期トレードのマイナス面についての記事読むと、株価の上下にストレスを感じやすいので短期トレードは悪いとか、どーのこーのとか書いてます。

私がストレスを感じない範囲のロットでトレードしているというのもありますが…

デイトレのストレスなんか管理者のストレスに比べると月とスッポンですわ!!!
(コロナショックはヤバかったけど)


例えばトレードだと、疲れたら参戦しないで休む、急落が怖かったら狼狽売りして逃げる、という選択肢があります。


仕事では仕事から逃げることも、鬼クレームから逃げるという選択肢もないんです。


睡眠不足でも、家が散らかっていても、風呂に入れない程に心身が衰弱していても、休むわけにはいかんのです。

トレードは失敗しても自分のお金が減るだけ。他人様の生活を背負うほうが、よっぽど精神的な負担は大きい。

チャートの動きの難解と同等以上に人間も難解です。まだチャートなら機械が売買してるからマシかもよ。

思い出せば思い出すほど…


以前の自分に戻れと言われても死んでも嫌。


「プライドないんか?」って辞める時、年配者から言われましたよ。

「プライドより実益をとる。」と私は答えました。



仕事と違ってトレードはやってもやらなくても良いのよ。

やってもやらなくても良いものを、せっせとやり続けるのはシンママの防衛本能かな?と思います。


最初は、ありとあらゆる手を尽くした極限的な節約生活を送ろうかと考えたりしていました。

そして時間に余裕ができたぶん、もっと読書やアウトドア、楽器を始めたり趣味を楽しんでみようかとも。

もっと、のんびり暮らしたいとも。

でも、お金は少しでも多いほうが良いという結論に至って、余裕ができたぶん、またセコセコ小銭稼ぎしてしまっています。
(働きたくない癖にね)



お金にこだわる必要なんてないですよ。

ダウンシフトして節約生活すれば、お金なんてなくても幸せになれますよ。



と心の奥底から言える様になれるほど、私は聖人にも仙人にもなれません。


私は泥臭い人間です。


自分の泥臭さを受け入れて生きていくのも、また良しと思います。


本当に本当に、もういいわ…降りるわ…


となったらトレードも止めて、図書館で詩集でも広げて、うっとりしているのかもしれません…


あの頃は何で、トレードばかりしてたのかな…

mouってアンポンタン…(*´-`)**~**


そういう時も、いつか来るかも?とも思います。



今のところ、綺麗事なんか、そんなん、いらんわ。

って、またカッカする。


人間、なかなか変わらないものですね。


こんな事を急に書き出しているのには訳があって、しばらく私を休ませてから復帰させようという動きが上である様な噂を聞きつけたのです。

いまだに陰でもなく堂々と、スーパーサブ、ご意見番、裏ボス等という呼ばれ方をしているところをみると…、まだまだ平社員としての私が周囲に定着するのには時間がかかりそうです。

でも無理。

もし復帰なんて、そんな事になったら、今度こそ腹くくって辞めるかもしれません。